スマートフォンを無料のオンラインストレージ化しよう!

無料のオンラインストレージといえばマイクロソフトのOne DriveやGoogleのGoogleドライブ、Dropboxなどが有名です。
アカウントを取得することで一定のデータ量をオンライン上で管理することの出来る非常に便利なものです。
パソコンだけでなく、スマホやタブレットなど様々な環境で共通のデータを使うことが出来ますので外出先でのデータ閲覧など様々な場面で役立ちますよね。
ただデータの取扱量が多くなるとデータ量が上限に達するおそれもあります。
特に写真などを保存していると意外と短期間でデータ量が増えていくものです。
そこで今回は使っていないAndroidスマートフォンを簡易オンラインストレージ化する方法をご紹介します。
スマートフォンであればマイクロSDカードでデータを保管できる範囲であればそれなりのデータを保管することが可能です。

<広告/美味しいコーヒーの通販>

Teamviewerのホスト機能を使います

Teamviewerは以前にもご紹介したことのあるパソコンをリモートコントロールすることの出来るアプリケーションです。
基本的にはパソコンからパソコンを、もしくはスマートフォンやタブレットからパソコンを操作するときに使います。
つまりコントロールされるのは「パソコン」でありスマートフォンを操作することは出来なかったのですが、スマートフォンにホスト機能を与えるアプリが別であるのも見つけたことが今回の記事のきっかけです。
このアプリを入れることでパソコンからスマートフォンを管理・コントロールすることが出来るようになるわけですね。
使うときにはメールアドレスとパスワードを設定してTeamviewerアカウントを取得する必要があります。

オンラインストレージ化について

さてオンラインストレージ化についてですが、上記の画像のようにファイルの受け渡しをすることが可能です。
ホスト化したスマートフォンからデータを取り出すことも出来ますし、反対にパソコン側のデータをスマートフォンへ保存することも出来るわけです。
使っていないスマートフォンがあれば省電力のオンラインストレージ化することが出来るのです。
(もちろんネット環境であることが必須なので、wifi環境である必要があります)

ファイルを直接編集したいときには

Teamviewerでスマホに保管されているファイルを直接パソコンから編集することは出来ません。
これでパソコン側でPC版アプリケーションを使ってファイル編集が出来ればかなり便利だったのですが、さすがに無理なようです。
もしファイルをアクセスしたいときにはパソコンへ一度データを取り込むか、スマホをリモートコントロールすることで閲覧・編集すると良さそうです。
スマホでも画像閲覧や簡単なファイル編集のアプリなどは豊富に公開されていますので、細かい作業は難しいにしてもちょっとした作業であれば問題ないと思います。


TOP
☆良ければいいね&フォローお願いします!
  励みになります

フォローする

<広告/美味しいコーヒーの通販>
スペシャルティコーヒー/ゆう珈琲
<広告>
広告