ソフトバンクがMVNOに本格参入! 格安simでiphoneを使えるかも

先日、日本通信がソフトバンクの回線を使用してMNVOをスタートすることが発表されました。
(いわゆる格安SIMと呼ばれるものです)

先駆けであったこともあり、MVNOはNTTの回線を使用したものが殆どです。
一部ではKDDIやソフトバンクの回線を使ったサービスもありましたが、まだまだ数は少ない状況で、今回の日本通信のソフトバンク回線への参入は通信業界に新しい風を吹かせることになるかもしれません。

<広告/美味しいコーヒーの通販>

なぜソフトバンクはMVNOを取り組んでこなかったのか?

ソフトバンクには関連子会社でY!mobileがあります。
ソフトバンク回線をY!mobileが使用し、割安な通信プランを提供することでMNVOとしての役割を果たしていたと言えます。
ソフトバンクとしては利益を外部に出したくないという思惑が当然あるのでしょう。
しかし幾らY!mobileで割安なサービスがあるとは言え、ソフトバンクの端末で通信出来るわけでもありませんし、完全なMVNOとは言えない状況です。

日本通信がMVNOをするとなると、ソフトバンクの中古端末を有効活用出来る幅が広がるわけです。

キャリア別の中古端末市場

スマートフォンの中古機市場ではSIMフリー端末、NTTの端末が割高な傾向にあり、auとソフトバンクは割安で販売されていることが多いです。
これは格安SIMで使うことが出来るかどうかということに比例して、購入者がやはりSIMフリー、NTTの方が多いためでしょう。
SIMロック解除が義務付けられたこともあり、これからはキャリアによる差は少なくなると思います。
ちなみに日本で人気のiPhoneですが、これは世界的に見ると珍しい傾向にあるようですね。
海外ではiPhoneは確かに人気はありますが、あくまで選択肢の一つという状況ですが、日本では過半数がiPhoneという特殊な国です。

これからの通信業界に望むこと

大きさお世話でしょうが、私が今後の通信業界に望むことは回線と端末の提供を切り離すことです。
確かに端末とセットで回線を販売することで端末を割安で購入できるケースも少なくはありませんが、機種の選択肢が絞られます。
また純粋な価格競争の意味でも、単純な通信プランだけで競う方がよりわかりやすくなるでしょう。

固定電話で回線と機種を別で購入するようなものですね。
依然として通信料は家計の支出で大きなシェアを占めていますので、より良い方向に向かうことを願っています。

Softbankは日本で最初にiPhoneの取り扱いを始めた企業のため、iPhoneの中古端末も相当な数があるはずです。
私は形状がお気に入りのiPhone3GSを今更使う人も殆どいないでしょうが、今回のMVNO参入は中古iPhoneの販売価格に影響を与えるかもしれません。
Softbankの中古スマホの購入を検討しているのであれば今がチャンスかもしれませんよ!


TOP
☆良ければいいね&フォローお願いします!
  励みになります

フォローする

<広告/美味しいコーヒーの通販>
スペシャルティコーヒー/ゆう珈琲
<広告>
広告