wifiルーター代わりにOCNのSIMカードを契約しました

年初にWiMAXを解約した我が家の通信環境ですが、予想以上にデータ通信をしていたらしくスマホのテザリングではなんと半月程で通信量を使いきるという事態になりました。
我が家のスマホは私が2GB、奥さんが3GBの通信契約で、合わせると合計5GB相当になります。
それだけあれば十分だと思っていましたが、甘かったですね。
私も仕事で少ないながらもスマホを使いますし、奥さんもインスタグラムを見るので通信量が結構多いのです。
なにより私がパソコンで調べ物やブログ作成をしているので、私の2GBなどあっという間に使い切ります。
低速状態で残り半月過ごすことになり、苦痛以外のなにものでもありません。
ホームページを開くのにも一苦労です。まさに悲劇。
ちなみにブラウザは低速でもデータを圧縮して閲覧することの出来るopera miniを使っているのですが、これについても悲しい事実を知ることになりますが、これは長くなりますのでまたそのうち。

<広告/美味しいコーヒーの通販>

再度Wifiルーターを検討します

奥さんのスマホとテザリングして不便かけるわけにもいきませんので、再度wifiを調達すべく検討することにしました。
最初は長期契約する前提でWiMAX君を考えていたのですが、WiMAXは2年間契約が前提で2年以降は料金アップするようなプランが多いです。
もう少し長期利用のユーザーを優遇すればいいのに。
これはスマホの各企業に対しても同じ印象ですが、新規ばかり優遇するから頻繁に契約が変わることになるのだと思うのです。
長期的に使うユーザーに費用的にもっとメリットを出すべきです。
そんなことを考えてもWiMAX君にそのようなプランが少ないのが現状です。
数年に一回通信契約を変更するのも面倒なので、諦めて他の選択肢を考えました。

結果として思いついたのが格安SIMの回線です。
現在LTEの通信回線で割安な通信プランを提供している企業は沢山あります。
いわゆる格安スマホ(格安SIM)と言われるものですね。
おそらく月間10GBもあれば十分足りるはずですのでその方向で考えました。

格安SIMの契約先

iijmioとOCNの2社で迷いました。
iijmioは現在奥さんのスマホで既に契約があるので、契約プラン次第ではおそらくこちらの方が安くなります。
一方でOCNの方が単発では若干安いです。(数百円ほどの違いですが)
iijmioにはターボモードとの変更機能があり、特に使わない時にはデータ通信量を節約することが出来るので迷ったのですが、OCNを使ってみることに。
結果的にはOCNの10GBバイトのプランで契約し、遊休機で余っていた初代Xperiaでテザリングすることに。
(Xperiaを使うことで違う問題が発生するのですが、それもまたそのうち書きます。)

OCN モバイル ONEを使った感想

全く不満が無く快適です!
なにより嬉しかったのがTwitterに使い始めた旨の投稿をしたら、OCNの人からメッセージが届き使い方のアドバイスをいただけたことです。
知らずに契約したのですが、なんとOCNにもターボモードのON/OFF切り替えが出来るようです。
またOFF状態でも通信の最初だけは高速状態でアクセス出来るなどiijmioと同等の機能となっているではありませんか。
これは非常に嬉しい誤算です。

専用アプリで使用状況の確認や、通信モードの変更も簡単に出来る点も助かります。
wifiルーターではなく、中古スマホでテザリングしているわけですが、これも設定変更が簡単に出来ますので楽でいいです。
まだ使い始めて一ヶ月弱なので完全なデータ通信量が把握出来ていないのですが、通信量次第では通信量をもう一段階少ない分に変えてもいいかもしれません。
その変更作業もアプリ一つで簡単です。

wifi無しの生活にはなれませんでしたが、結果的には月々の通信費を安くすることも出来たので、良かったです。


TOP
☆良ければいいね&フォローお願いします!
  励みになります

フォローする

<広告/美味しいコーヒーの通販>
スペシャルティコーヒー/ゆう珈琲
<広告>
広告