SNSを使い放題のLINEモバイルについて

先日低速データ通信の環境化でSNSをいかに快適に使うかという事についてブログを書きました。
確かに速度制限状態の低速モードであっても工夫次第でそこそこ快適にSNSを使う事は可能です。
しかし「使えなくは無い」という話であり、決して快適に使う事ができるというわけではありませんよね。
そこで視点を変えて考えて見ましょう。
SNSを使う事が多いのであればSNSでデータ通信量が減らないようにすれば限られたデータ量を有効に使う事が可能です。
こうやって書くとSNSをwifi環境で使うという内容に見えるかもしれませんが、そういうわけではありません。
ご存知のLINEが格安SIMを提供しており、一部のプランではSNS使い放題となっているのです。

<広告/美味しいコーヒーの通販>

LINEモバイルの料金について

一番安いプランは使い放題となるサービスがLINEだけです。
元々LINEは低速でも支障は少ないのでこれでは利点をあまり受けることも出来ませんので実際に検討することになるのは1110円のコミュニケーションフリープランとなるでしょう。
このプランはなんとFacebook、Twitter、instagram、LINEのサービスが使い放題になるというものです。
高速データ通信は3GBからあり、上記のSNSについては使用しても高速データ枠が消耗されることはありません。
また速度制限状態でもSNSについては高速通信が出来るというなかなかの優れものです。

LINEモバイルのサービス内容

格安SIMのサービスの中でデータ通信を効率よく使うための方法が幾つか存在しています。
LINEモバイルはそれらのサービスについてどのように対応出来るのでしょうか?
一つずつ確認してみたいと思います。

データシェア機能について

一つの契約で複数枚のSIMカードを契約している場合にデータ通信量をシェアすることが出来る場合があります。
家族で複数枚のSIMカードを使う場合に高速データ通信枠をシェアすることが出来るわけですね。
もしくはスマートフォンとタブレットでシェアするようにするなど使い方次第では通信費も削減にもつながるわけですが、LINEモバイルはこのサービスには対応していないようです。

高速通信モードの切り替えについて

iijmioを始めとする格安SIM業者の一部が提供しているターボモードのON/OFFの切り替えです。
これが出来れば普段それほど速度を必要としていない時には低速モードで運用しておき、大容量のデータ通信が必要な場合にだけ高速データ通信をONにするという使い方が出来るわけです。
高速データをオフにしている状態であれば高速データ枠が消費されることもありませんので通信枠を有効に使うことが出来るわけです。

低速時のブーストについて

一部の格安SIMでは低速状態でも通信の初期にだけ高速通信を可能にするブースト機能を備えていることがあります。
これは一瞬だけ通信を高速通信状態で行うことが出来るというもので、軽いページであれば低速状態と感じさせずに快適に通信できるというものですが、LINEモバイルでは残念ながら対応しておりません。

LINEモバイルについてまとめ

いかがでしょうか?
LINEモバイルは格安SIMを提供している企業としては後発です。
しかしサービス内容自体は現在のスマートフォンの使い方と相性もよく、特にSNSを定期的に使っているのであれば利用する価値は充分にあると思います。

高速データを使う細かなサービスには対応していない部分もありますが、SNS使い放題というのはありがたいですよね。
データ枠の心配を刷ることなく、SNSを使う限りはそれこそ使い放題となるわけです。


TOP
☆良ければいいね&フォローお願いします!
  励みになります
SNSを使い放題のLINEモバイルについて
この記事をお届けした
かどやんの備忘録を、
フォローしてチェックしよう!

フォローする

<広告/美味しいコーヒーの通販>
スペシャルティコーヒー/ゆう珈琲