インスタグラムにパソコンから投稿しよう

様々なSNSがありますが、メジャーなものとしてはTwitter、Facebook、それとインスタグラムではないでしょうか?
Googleが提供しているGoogle+というものもありますね。

他にも色々とあるのでしょうが、私はそこまで詳しくありませんので割愛します。
私自身もこれらSNSを多少ですが使っているのですが、基本的にはパソコンとスマートフォンどちらの環境でも使うことが出来ます。
つまりパソコンを使うことが出来る場所であればパソコンを使って本格的に利用することも出来ますし、外出先などの空き時間であればスマートフォンで使うことが適しているでしょう。

もちろんスマートフォンだけで全て完結させることも出来るのですが、パソコン入力が慣れている私にとってはスマホのフリック入力は面倒に感じることも少なくありません。
文字数が多くなればなおさらです。

<広告/美味しいコーヒーの通販>

パソコンで投稿できないSNS

ただし例外がインスタグラムで、これはスマートフォンのアプリケーション以外で「写真の投稿」が出来なかったのです。
パソコンでも閲覧やコメント入力は出来ていましたが、アップロードだけが出来ない状況でパソコンを使って画像を編集する場合にも、一度パソコンで画像を編集した後に再度スマートフォンへ取り込みしてからアップロードするという面倒な作業が必要だったのです。

Windowsであればインスタグラムを投稿することの出来るアプリケーションも存在しているのですが、私は基本的にWindowsを使いませんしアプリケーション自体も公式のものではないので少し不安に感じてしまいます。

Virtual Boxなどのエミュレーター上でインスタグラムを動作させることも考えていたのですが、そんな面倒なことをしなくても今年に入りパソコンから簡単にインスタグラムに投稿出来るように仕様が変わっていたようです。
割と簡単な作業ですので、おすすめです。

インスタグラムの仕様変更店

仕様変更の内容はアプリ以外でも、モバイル版ブラウザからアップロード可能になったというものです。
モバイル版だと結局スマホからしか使えないじゃないかと思うかもしれませんが、そうでもありません。

パソコン版のChromeやFirefoxであっても拡張機能を使うことでモバイル版のサイトを閲覧することが可能です。

後は簡単ですね。
アップロードのボタンを押して写真を選択し、文章を入力するだけです。
これなら過去にパソコンに保存している古い画像でも手軽にアップロードすることが出来ます。

☆下の画像の上側が通常のパソコン版の表示、下側がモバイル用の表示です。
一見すると同じように見えなくもありませんが、青く囲っている所に投稿用のボタンが表示されていますよね。

パソコン以外での使い方

モバイル版のブラウザであれば動作するということは、パソコンだけではなくインスタグラムのアプリをインストールすることの出来ない端末でも使うことが出来るということですね。
バージョンの古いOSやタブレットなどアプリのインストール条件を満たしていない場合にもブラウザ経由でアップロードすることが可能です。

またOSのバージョンによってはインスタグラムのマルチアカウントに対応していないのですが、アプリとブラウザで使い分けることで複数のアカウントを管理することも出来ますね。

私は写真撮影は撮影専用のスマホを使っており、わざわざデータを移動させないと投稿することが出来なかったこともありパソコンから投稿出来るようになった今回の仕様変更は非常に嬉しいです。
同じような悩みをお持ちの方はぜひ試してください(^-^)


TOP
☆良ければいいね&フォローお願いします!
  励みになります
インスタグラムにパソコンから投稿しよう
この記事をお届けした
かどやんの備忘録を、
フォローしてチェックしよう!

フォローする

<広告/美味しいコーヒーの通販>
スペシャルティコーヒー/ゆう珈琲