Gmail のセキュリティについて考えてみた

Google製のメールサービスGmailは非常に便利なものです。
しかし気になるのがメールアドレスとパスワードという組み合わせでセキュリティが守られているために、 Gmailをメインに使っているとパスワードを解読されるだけでログインされるという危険性を秘めています。
二段階認証の設定することで 第三者にログインされる危険性は少なくなりますが、それでもやはり念には念をということで対策を考えてみました。

二段階認証については以前もブログに書いたことがありますのでご参照ください。

Googleアカウントの二段階認証について
Googleアカウントの二段階認証について
皆さんGoogleアカウントはお持ちでしょうか? そんなもの持っていない!、という方もいるかもしれませんが、もしAndroidスマ...

Gmailをよりセキュアに使おう

今回は私が考えてみたGmailのシステムを利用しつつセキュリティ面をもう少し強固にする方法についてご説明させていただきたいと思います。
送信用メールアドレスの構築しログインなどに使用するメールアドレスとはまた別で送受信専用のアドレスを設定します。
私の場合は Gmailとは別のプロバイダーのメールを利用しており、そのアカウントからメールを送信することによりGmailのログインパスワードの一つであるメールアドレスが外部に出ることがありません。
私にとってGmailのアドレスはログインするときにのみ使うものであり、外部に出ることはまずないのです。
プロバイダーメール宛に届いたメールは全てGmailに自動転送することでGmailの便利な機能であるタグわけやウイルス対策などメリットはそのままを受けることが可能です。

PCメールアドレスがない場合

私の場合はPCメールのアドレスがあったためにそのアドレスをGmail上で使っていましたが、送信専用の Gmailアカウントを取得することでも同様の事をすることが可能です。
注意しておきたいのが送信送受信専用のGmailアカウントでメールが何らかの事情により届かなくなる場合があります。
例えばウイルスと判断された場合迷惑メールフォルダに自動的に振り分けされますが、このように処理されてしまうと転送先のGmail画面で判断することが不可能です。
そのため送受信専用のGmailアカウントはメールを無条件で全て転送するように設定しておく必要があります。
フィルタ設定で@マークを含むメールについては全て迷惑メール扱いにしないように設定しておくことで対応ができます。

余談です

少し余談になりますが、私は所謂携帯電話のキャリアメールというものを使っていません。
Gmailを中心に使うようにして約7年間になりますが、特別困ることは今のところありません。
知人とはLINEで連絡することも多いのでこの場合はメールアドレスで特に必要なくなるわけです。
ただし相手がキャリアメールしか使っていない条件でかつ迷惑メールフィルターにかかってしまう場合があります。
これはキャリアメールの迷惑メールのフィルターの設定でPCメールを全て迷惑メール扱いにするという設定にしているとGmailに関しても例外なく迷惑メールとして取り扱いされてしまうわけです。
便利な機能のあるGmailですがこの点だけがメインのメールで使うには難点かもしれません。
スマートフォンの普及によってGmailアカウント取得されている方も相当増えてきていると思いますので この迷惑メールフィルターについても一度見直ししてもらいたいものです。


TOP
☆良ければいいね&フォローお願いします!
  励みになります
Gmail のセキュリティについて考えてみた
この記事をお届けした
かどやんの備忘録を、
フォローしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

<広告/美味しいコーヒーの通販>
スペシャルティコーヒー/ゆう珈琲