Googleアカウントの二段階認証について

Google二段階認証

皆さんGoogleアカウントはお持ちでしょうか?
そんなもの持っていない!、という方もいるかもしれませんが、もしAndroidスマートフォンを使っているのであれば間違いなく利用されているはずです。
無ければアプリのインストールが出来ませんからね。

iphoneユーザーの場合はアカウントを持っているとは限らないのですが、GmailやGoogle+などを使っているのであれば間違いなくアカウントは取得されています。

さて今回はそんなGoogleアカウントのセキュリティについてです。
標準ではGoogleアカウントでログインするためには「Gmailアドレス」「パスワード」の2点が必要です。
日常的にGmailを連絡手段として使っているのであれば、パスワードだけわかれば他人にログインされてしまうわけです。

Googleアカウントで不正アクセスされると?

色々な個人情報が盗み見られる可能性があります。
もちろんGmailの送受信履歴、Googleドライブに保存しているデータやクラウドへ保存している写真など。
スマートフォン関連では有料アプリケーションを勝手に購入される可能性もあります。
またパソコンを遠隔操作することの出来る「Chromeリモートデスクトップ」を使えばパソコンを完全に乗っ取ることも出来てしまうわけですが、PINコードが必須ですので簡単にパソコンを操作されてしまうということは無いはずです。

Google関連のサービスはどれも非常に便利なのですが、いざ乗ってられてしまうと非常に恐ろしいことになってしまいます。
防御するためにはやはり自分で身を守るようにする必要があります。

Google二段階認証を有効化しよう

さてGoogleアカウントを乗っ取られないようにするためには二段階認証を設定するようにしましょう。
設定はインターネットブラウザを起動して、Googleアカウント画面から設定していくことが出来ます。

ログイン - Google アカウント

ここで二段階認証を設定しておくことで、Gmailアドレス+パスワード+認証作業という3種の鍵が設定されるようになります。
二段階認証はSMSメッセージや電話など幾つかの通知方法を選択することが可能です。
また一度ログインが終わればそれ以降は今までと同様に使うことが出来ますので、特に不便に感じることはありません。
最初のログインがワンステップ増えるために、少し面倒に感じるかもしれませんが自己防衛のためにも設定されておくことをおすすめします。


TOP
☆良ければいいね&フォローお願いします!
  励みになります
Googleアカウントの二段階認証について
この記事をお届けした
かどやんの備忘録を、
フォローしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

<広告/美味しいコーヒーの通販>
スペシャルティコーヒー/ゆう珈琲