au版iphone5でUQやmineoの格安simを使ってみよう

割安な通信費で使うことの出来る格安SIMは家計に心強い存在です。
しかし格安SIMはドコモの回線を使っているものが主流で、auとソフトバンクの中古端末を使うことは出来ない状況が長く続いていました。
iphoneを最初に取り扱い始めたソフトバンクや、次に始めたauのiphone端末を格安SIMで運用することは出来なかったわけです。
相当な端末があるでしょうに、実に勿体無いことです。
もし強引に格安SIMで運用したければSIMロック解除を施す必要があり、リスクを伴う必要がありました。
また正規なSIMロック解除ではありませんので、必ずSIMロック解除が出来るという保証はどこにもありません。
このようにソフトバンクおよびauのiphoneユーザーは中古端末を再利用するという選択肢が非常に限られていたのですが、auで格安SIMを提供している企業も少しずつ増えてきましたので、iphone5での利用についてご紹介したいと思います。
なぜiphone5限定なのかというと、iphone5S以降は使用できることを企業が公式に発表しているので、特に書く必要もありません。
またiphone5より前の端末はauの格安SIMでは残念ながら使うことは出来ないのです。

<広告/美味しいコーヒーの通販>

au版格安SIMの仕組みについて

auの3G電波はソフトバンクやドコモと比べて特殊な帯域の電話を使っておりハード的な互換性がないそうです。
そのためau自体も3Gの電波は今後縮小させるように考えており、格安SIMの提供業者にはそもそもLTEの帯域しか提供されていないらしいのですね。
このため3Gの電波受信しか出来ない端末では格安SIMを使うことが出来ないわけです。
iphone5はiphoneで最初にLTEを受信出来るようになった端末です。
そのため完全ではないものの、格安SIMで使うことが出来るわけです。

au版格安SIMの業者について

先駆者であるmineoを始め、UQモバイル、iijmioがauの電波を使って格安SIMの提供をしています。
この内でiphone5で使うことが出来るのはmineoとUQモバイルの2社です。
iijmioはSIMロック解除をしなければ使えないという仕様なので諦めましょう。
いずれにしてもiijmioはVolte対応端末でしか使えません。

mineoとiphone5

利用可能端末の一覧には名前が含まれていませんが、iphone5でもmineoで使うことが可能です。
プロファイルはiphone6のものを使えば利用できるようですね。
最低維持費はデータ通信だけで700円/月、 通話+データ通信で1310円/月となかなか良心的な料金体系ですね。
ただし不具合もあり、後ほど書きます。

UQモバイルとiphone5

こちらは公式にプロファイルを公開されています。
ただし通信環境としては同じ結果になるようなので、そこまで気にすることも無さそうです。
料金はデータ通信が980円、通話+データで1680円と最低維持費はこちらの方が高めです。

肝心の通信環境について

重要です。
au版iphone5で格安SIMを使う前に必ず目を通してください。
auの格安SIMは3Gが使えないのです。
これが大きな問題点でiphone初のLTE対応となったiphone5ではLTEの受信帯域が限られているのです。
そのため圏外になる可能性が高くなる、ということがau版iphone5+格安SIMの最大の問題点です。
ある程度割りきって使うという覚悟が必要になりそうです。
LTEが圏外のエリアで3Gを使うことが出来ないので完全にデータ通信は不可能になります。

通話に関しては特に問題無く使えますが、SMSを使うためには一旦LTEをオフにしなければいけません。
さらにテザリングが不可能という難点もあります。
もしiphone5を格安SIMで運用するのであれば、これらの注意点を理解しておくことが大切です。
データ通信はサブで使う程度で、wifiメインに使うのであればなんとかなりそうです。


TOP
☆良ければいいね&フォローお願いします!
  励みになります

フォローする

<広告/美味しいコーヒーの通販>
スペシャルティコーヒー/ゆう珈琲
<広告>
広告