Android タブレットの市場について

少し前であればタブレットといえばAndroidもしくはiPadという二つの選択肢でした。

しかしWindowsタブレットの登場によって市場は一変してように思います。
iPadについてはやはりブランドの関係もあり依然として人気ではあるのですが、Androidタブレットについてはずいぶん家電量販店でも見かけることが少なくなってきたように思います。
確かにWindowsタブレットは中に搭載されているOSがWindowsということもあり、今まで使っていたパソコンと全く同じ操作性及び内容の事を実現可能です。
プリンターとの互換性ももちろんそのままなので、例えば年賀状印刷物などはそのまま使うことが可能です。

Androidタブレットの強み

しかしAndroidタブレットのメリットはないのでしょうか。
そんなことはなく使い方次第ではアンドロイドにとってもまだまだメリットはあると思います。
Androidタブレットは基本的に見ることに長けています。
画像閲覧や動画閲覧、ウェブサーフィンといった、閲覧する作業に関してはアンドロイドは得意です。
また起動やリブートといった動きに関しても早く、Windowsのノートパソコンと比べてのメリットと言えます。

Androidタブレットの苦手なこと

見ることに関しては得意なAndroidタブレットですが、作ることに関してはそこまで得意ではありません。

例えばオフィスソフトを使って表計算の表を作ることや、文書を作成することもできないわけではないです。

ただしあくまでできなくはないという程度のものなので、複雑なものを作る場合はやはりWindowsのノートパソコンやタブレットの方が欠けていると言わざるを得ません。
やはり見ることに特化したサポート機能としてのプラスアルファとして作成作業ができるというぐらいの認識とでもいておくて良さそうですね。
またメリットとしてもう一つWindowsやiPadに比べて価格的にも割安な値段で入手することができます。

そのため使い方をある程度決めておいた上で使うのであれば10インチのAndroidタブレットを購入するというのは良い選択肢ではないのかと思うのです。
メインパソコンがインターネットに接続した環境で使う前提であれば、外出先でAndroidタブレットからリモート接続し、タブレットを機動性の高いパソコン代わりとして使うことも出来ます。
パソコンと全く同じわけにはいきませんが、使い方次第ではAndroidタブレットならではの利点も結構あるのではないですかね。


TOP
☆良ければいいね&フォローお願いします!
  励みになります
Android タブレットの市場について
この記事をお届けした
かどやんの備忘録を、
フォローしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

<広告/美味しいコーヒーの通販>
スペシャルティコーヒー/ゆう珈琲