スマホやタブレットでイラストを作る超アプリについて

画像編集やイラスト作成などのクリエイティブな仕事についてはパソコンを使うという人が殆どではないでしょうか?
実際にスマートフォンやタブレット(AndroidやiOS)でイラスト関連のアプリを見てみると機能不足だなと思うことも少なくありません。
ちなみにWindowsではイラストレーター、フリーソフトではGimpというソフトがWindowsだけでなくLinuxでも使うことが出来るためパソコンを使っているのであればOSに関連なく、画像編集についてはパソコンの方がスムーズに処理することが出来ます。
しかし「どうしてもスマホやタブレットで編集したいんだ!」という変わった人?に朗報かもしれません。
Android上で画像編集が出来るスーパーアプリをご紹介します。

<広告/美味しいコーヒーの通販>

モバイルOSでの画像編集

暖かくなってきたこともあり、家庭菜園などで時間を取られるようになりブログの更新頻度が減っていますが、これからもスローペースながらも少しずつ更新していきますので、引き続きよろしくです。

さて今回ご紹介させていただくのはAndroid版Gimpと言える存在です。
正しくはAndroid上でLinuxを起動させ、その上でGimpを動作させています。

【Google Play】
GIMP Inkscape


よくわからないかもしれませんね、要はAndroid上でアプリの動作が完結するわけではなく、まずはAndroid上でdebianを動かした後にそのdebian上でGimpを起動させるという超荒業なのです。
以前にdebian norootというアプリケーションをご紹介しましたが、その亜流とも言える存在ですね。
Android版Gimpは起動直後のGimpが起動することがdebian norootとの違いで、他の点は基本的に同様のものと言えます。

【関連ブログ】
Androidの神アプリ debian no root

つまりdebian norootにGimpをインストールしても同じような結果にはなりますね。

実際の操作性について

私が持っているAndroid端末では5インチのスマホしかありませんでしたので、正直使いやすいとは言えない状態です。
しかし10インチなどの大型画面であれば、パソコンに近い操作性を再現することは出来そうです。

それならパソコン使えよ、というのは野暮なのでやめましょう。

Gimpは設定次第でイラストレーター用の拡張子である「.ai」も閲覧・編集できるようになります。
目的と使い方次第では役立つかもしれませんね。


TOP
☆良ければいいね&フォローお願いします!
  励みになります

フォローする

<広告/美味しいコーヒーの通販>
スペシャルティコーヒー/ゆう珈琲
<広告>
広告